人気ブログランキング |
ブログトップ

親切なメイクイさん

meigui.exblog.jp

カテゴリ:leisure( 43 )

クリスマス

Naoさんが予約を入れて下さっていた梅田にある串カツ専門店「縁日」でNaoさんと三年ぶりの一時帰国中のぽ~さんと私の美女3人で楽しいを過ごしました♪

縁日」という名前だけあり、お店の方は皆とても元気でサクっと揚がった串カツに大満足でした。
丸ごと揚げた玉子を割った中に赤い何か?が入っていたらワンドリンクサービスとのことで、テーブルに運ばれてくるや否やすぐさま割ってみたけれど誰も当たりは出ず。そう言えば、プチトマトを入れて「当たった!」って言おうかと言ってたぽ~さん。^^;

美女3人... ここに私が入るから胡散臭くなってしまうけれど、^^; このお二人がとても綺麗なので、こんな表情をしている → ( ̄ー ̄)“おやぢ”の気持ちが女性の私にもとても理解でき、私一人がピーチクパーチク煩くしてたのがちょっと恥ずかしい。^^;

私には日本を留守にしたのが長くてもせいぜい2週間くらいの経験しかなく、3年なんて全く想像がつかず、3年ぶりの日本ってどんな感じなのかとぽ~さんに伺ったところ、“とにかく日本は親切”だと言ってた彼女の言葉が印象的でした。
電車であれ、どこであれアナウンスがとても多いのがアメリカ暮らしの彼女にはとても親切に思われたようでした。
日々の日常の中で当たり前に、何気ないことも違う視点で聞くととても新鮮な気持ちになれました。

ホテルグランヴィア大阪のラウンジに場所を移してプレゼント交換。
喜んでくれる顔が見たくてのプレゼント選びもとても楽しくて、また、お二人からどっさり頂いたお土産やクリスマスギフトに埋もれて楽しいひと時でした♪
f0097772_1384135.jpg

このお二人には勿論のこと、いつも私がサイトにお邪魔させていただいたり、遊びに来て頂いた方々のお陰で素敵な2006年でした。ありがとうございました。
引き続き2007年も仲良くしていただけたら嬉しく思います。

皆様にとって素晴らしい新年をお迎えできますよう、心よりお祈り申し上げます。m(_ _)m
by biao_meigui | 2006-12-28 13:15 | leisure

ウェルカムBBQパーティー

毎年この時期になるとうちの部に留学生がやってくると以前このブログに書いたけど、今年も留学生がやってきました。

今年の留学生はカリフォルニア出身のモンゴル系アメリカ人でスタンフォード大学3年生の女の子。
モンゴル系だからビジュアル的には日本人と変わりはないけど、初日に大きな声で「ハ~イ!」と言いながら部屋中を見渡して手を振ってる姿に「わっ!外人!」って再認識しました。^^;
ずっとここに来てた留学生はフランス人だったので、ある意味フランス人の気質みたいなのはわかっているつもりだったけど、やはりアメリカ人、仕草や動作がダイナミック!

そんなこんなでこの土曜日、彼女の歓迎会“ウェルカムBBQパーティー”に行ってきました。
BBQは楽しみだけど、このネーミングって...。^^;

f0097772_148927.jpgお肉を焼き始めると野菜が嫌いでお肉と少年ジャンプが大好きだと言っていた彼女が
コウベビーフ!?
と嬉しそうに霜降りのお肉の写真だけを撮っていたのがとても印象的でした。
お、お肉だけかい? ^^;

ちなみに...
今、神戸牛としていわれているのは、
兵庫県産の飼育素牛が、原則として兵庫県内で飼育され、また県内の食肉センターに出荷されたものの中で、枝肉格付A、若しくはB4以上、脂肪交雑値NO.7以上となる厳しい定義をクリアした肉が「神戸牛」
となるそうです。また、
「神戸牛」は現在、「黒田庄和牛」「丹波ささやま肉牛」「あわじビーフ」「三田肉」「但馬ビーフ」を含めた統一ブランド銘柄

だそうです。

とにかく暑い日で日差しも強かったのに、中途半端な袖丈の薄いカーデに帽子が私の日焼け対策だったので『七匹の子ヤギ』で留守番をしてる子ヤギを襲おうとした狼が、自分の黒い手を小麦粉で白くしたのと反対バージョンのような変な焼け方をしてしまったよぉ。(TーT)
by biao_meigui | 2006-07-19 14:11 | leisure

元気くん

急遽、温泉に行きたい!ってことになりGW突入一週間前にネットで湯郷(岡山県)の温泉旅館を押さえました。中国自動車を利用すれば神戸から車で1時間30分くらいで湯郷の温泉地に到着するので距離的にも魅力です。

おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ」にも行ってきました。ここには『元気くん』という有名な牛くんがいます。

平成10年、岡山県に上陸した台風10号の被害によって濁流にさらわれた生後6ヶ月の子牛が、90キロメートルも離れた瀬戸内海の黄島(岡山県牛窓町の沖)で生きて発見されたのです。濁流にのみ込まれた20数頭のうち、瀬戸内海まで流されて生きていたのは、この子牛1頭だけでした。その後、「おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ」に寄贈され、『元気くん』(GENKY)と命名されました。

元気く~ん!」と呼ぶ声にちょっと迷惑がりながらも「モ~っ!」と応えていました。ここには他にもたくさん牛がいてキレイに手を洗えばエサの藁をあげることもできるようでしたが、昼下がりだったのでみんなエサよりもお昼寝の方がよかったみたい。数頭の子牛もみましたが、めちゃめちゃ可愛い!

お宿は、湯郷にある「花の宿 にしき園」。ここは、館内に一歩足を踏み込むと優しいアロマオイルの香りに包まれます。お部屋にまで女将さん手作りの押し花をあしらったあんどんがあり、従業員教育も徹底されており(偉そうにすみません。^^;)、すべてにおいて女性好みのお宿で満足でした。

f0097772_166248.jpg楽しみしていた夕食は伊勢海老懐石旬の懐石料理美作牛すき焼き懐石の3種類から選ぶことができ、伊勢海老懐石をお部屋でゆっくりいただきました。

私たちのお部屋の担当のなった仲居さんがお料理を並べながら「バッポちゃんもどうぞ」と言ったので、リスニングが出来なくて「バッポちゃんって???」と聞き返すこと数回。^^;
f0097772_1665674.jpgどうやら、この辺りの方言で「お餅」を「バッポ」と呼ぶそうです。それでは「バッポちゃん」の「ちゃん」は「アメちゃん」の「ちゃん」なのか?との疑問。
お味噌が乗ってて美味しかったし、私たちのために忙しそうにお料理を運んでくれる仲居さんにそこまでは聞けませんでした。^^;
f0097772_16215431.jpgデザートはさくらのふんわりムースでした。
このブログ書きながらまた食べたくなってしまいました。(*^-^*)
by biao_meigui | 2006-05-09 16:09 | leisure