ブログトップ

親切なメイクイさん

meigui.exblog.jp

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生』を観てきました!

- 川尻松子の年譜 -

昭和22年 0歳。川尻家の長女として福岡県に生まれる。
昭和30年 7歳。幸せを夢見る明るい子供時代を過ごす。
昭和46年 23歳。担任を務める中学校で窃盗事件。教師を辞職。
昭和46年 23歳。作家志望の八女川と同棲。暴力にあう。
昭和46年 23歳。八女川、踏切自殺。
昭和47年 24歳。八女川の友人、岡野と不倫。妻にばれて破局。
昭和48年 25歳。中洲のソープ嬢になり、店のトップに。
昭和49年 26歳。同棲中のヒモ、小野寺に裏切られ殺害。自殺未遂。
昭和49年 26歳。上京。理髪店の島津と同棲中に逮捕される。
昭和49年~刑務所に服役。8年後に出所。
昭和58年 36歳。教え子、ヤクザの龍と再会。同棲。
昭和59年 36歳。龍、逮捕され刑務所へ。
昭和63年 40歳。出所した龍と再会。龍、再び逮捕され服役。
平成元年~一人暮らしの引きこもり生活。

f0097772_1024890.jpgそれから数年たった平成13年
松子は、アパート近所の荒川河川敷で遺体で発見される。

いまだ知らされていなかった伯母・松子の存在に驚く川尻笙(瑛太)。
残されたぼろアパートに行ってみれば、部屋は散らかり放題。隣人は、怪しげななんちゃってロッカー・大倉修二(ゴリ/ガレッジセール)。壁には光GENJIのポスターが1枚...

「いったい、松子おばさんて、どういう人だったんだ!?」

夢にも見放され、ガールフレンド・明日香(柴咲コウ)にも見限られた笙は、松子の人生をたどりはじめる...。

♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ

この歌がずっと頭をぐるぐると駆け巡ってます。
下妻物語』同様のファンタジックで華やかな世界だったけれど、松子の人生があまりにも切なくて涙が止まりませんでした。映画を見れば松子が「嫌われ」でないことがわかるはず。

同棲中の作家志望の男・八女川徹也(宮藤官九郎)が線路で微笑みながら踏切自殺するシーンやヒモの小野寺(武田真治)を刺殺するシーンはとてもグロかったけれど、BONNIE PINKの「LOVE IS BUBBLE」に乗って松子が売れっ子ソープ嬢としての素晴らしい?接客シーンはとてもカッコよくてさすがPG-12指定作品です。

中島哲也監督の前作『下妻物語』ではヤンキー・白百合いちご役だった土屋アンナは松子と同じ刑務所の囚人、八百屋の若旦那役だった荒川良々は理容師の島津賢治。大人計画の俳優さんやお笑い芸人などのキャスティングは下妻同様素晴らし過ぎ!

ソープ嬢、愛人、ヤクザの女、その上「変顔」までやってのけるってとにかく中谷美紀さんは凄い女優さんです!
[PR]
by biao_meigui | 2006-06-26 10:33 | entertainment
<< ココナツミルク入り野菜カレー 健康診断 >>