「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

親切なメイクイさん

meigui.exblog.jp

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

市民救命士

職場で市民救命士の講習がありました。(仕事をしているよりも絶対楽しいからとの安易な思いから自ら参加)^^;
内容は「人工呼吸」「心臓マッサージ」に電気ショック(AED)の操作方法でしたが、やはりデスクで仕事をしている方が遥かに楽でした。Σ( ̄ロ ̄lll)

心臓マッサージもかなりの力が必要で救急隊の到着までが平均6分だとすると、その間ずっとマッサージを続けるのはかなりの体力を必要とします。
教官の救急隊の人たちも病院までの距離を3人でローテーションしながら心臓マッサージをしているんですよとのことでした。
実際に人命救助を職とされている方々のヒーローさに改めて頭が下がる思いです。m(_ _)m

電気ショックを与えるため、体毛の濃い人にはパッドを貼る前に予備のパッドを使って胸毛をペタ、ペタ貼って引き抜くことも重要だそうです。ちなみに海外製のAEDには剃毛のためのカミソリが入っているとのことでした。^^;
f0097772_150270.jpg

ちなみに講習で使用したAEDは右端でした。(日本製 ^^;)

講習は二人組みを基本とし、役どころは1人が「人工呼吸」「心臓マッサージ」係り、もうひとりがAEDを持ってきて操作する係り。

「周囲の状況、良しっ!」
「大出血の確認、出血なしっ!」
人形の耳元で肩を叩きながら、
「もしも~し!もしも~し!」
と呼びかけながら意識確認。

同じグループだった人は人形の頭を叩きながら
「もしも~し!もしも~し!」
と声を掛けていたら、教官に
「この方が少しでも意識があったら気を悪くされますよ!」
とたしなめれ、皆大爆笑。^^;

本来はロールプレーイングと言うのでしょうが、小芝居をしている自分が恥ずかしくて恥ずかしくて仕方なかったのですが、何度も続けていくうちに「周囲の状況、良しっ!」と指差しまですることができる、なかなかの演技派女優の私でした。(*^ー°v

教官曰く、人工呼吸は感染症の心配があるのでなかなか一般人の救急措置が難しいのが現実です。と言われておりましたが、タイミング良くYahooの昨日ニュース。

--------------------------------------------------------------
突然意識を失って倒れた人を蘇生させるための応急手当は、心臓マッサージだけで効果があり、従来勧められてきた人工呼吸は必要ないことが、日本救急医学会関東地方会の研究班(班長、長尾建・日本大駿河台病院救命救急センター長)の調査で分かった。

--------------------------------------------------------------

いざという時のためのご参考にどうぞ。AEDの使い方
[PR]
by biao_meigui | 2007-09-28 15:05 | life

最近観た映画やDVD

今月は映画やDVDをいっぱい観ました♪

24
誰に聞いてもめっちゃ面白い!絶対ハマる!と言うので、やっと... いまさら...24デビューしました。^^;
TUTAYAのお兄さんに、

「シーズン1の1巻なんですが、宜しいですか?」

と聞かれる始末。^^; 宜しいもなにも観てませんので。^^;
ほんとにこれハマります!ただ、一瞬もホッとできないので、こんな日が後何日続くかと思うと体力よりも精神がかなり疲れますね。

HERO
さすがに大人気の作品のようでミント神戸は満員状態でした。
イ・ビョンホンがわざわざ出る意味があったのかどうかはわかりませんが、テレビ同様楽しめた作品でした♪

夜の上海
めがねを観るつもりがなぜか夜の上海が気になり観る作品変更で映画館へ。

-------------------------------------------------------
トップヘアメイクアーティストの水島は、音楽祭の仕事のために上海を訪れた。彼には公私共に長年連れ添った女性がいるが、最近二人の心はすれ違いばかり。一人町へ出た水島は、女性ドライバーのリンシーが運転するタクシーに接触してしまう。リンシーは密かに想っていた男性から、他の女性との結婚話を聞かされたばかりだった。水島を乗せたタクシーは夜の上海へと走り出す。言葉が通じない二人だが、いつしか心は癒されていった。

goo映画より
-------------------------------------------------------

途中で席を立とうかと思った程退屈な作品でした。Σ( ̄ロ ̄lll)

喩えるなら...
朝寝坊をして朝食のトーストをくわえながら家を飛び出し、学校に行く途中の曲がり角で男の子とぶつかり、学校に着くとそのぶつかった男の子が転入生だった... ような現実離れしたシチュエーションに加え、登場人物に個性を持たそうとしたのはいいけれどあまりにも邪魔だと感じさせる個性に、この映画を選んだことを後悔。

これもミント神戸で観ましたが、公開初日の館内は十数人程度で、その内数人は男性の1人客。この映画の内容よりも何故男性1人なのかの方が興味あり、今も謎のまま。年代的にシブガキ隊全盛期をリアルタイムで体験し、モッくんをお手本として共に年齢を重ねてきたような男性達なのでしょうか...。^^;

ただ私には上海の夜景とヴィッキー・チャオの美しさだけが救いだった作品。
[PR]
by biao_meigui | 2007-09-25 15:32 | leisure