「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

親切なメイクイさん

meigui.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スタジオ見学

急遽、友人に誘われ快傑えみちゃんねるのスタジオ見学に行ってきました♪

1.スタジオ内では見学者用バッチを外して下さい。
f0097772_11105666.jpg受付を済ませ渡されたのは見学者用のバッチ。外すのはバッチがキラキラして出演者の気が散るからという理由。^^;

2.リアクションはオーバーにお願いします。
出演者のテンションが上がり、トークが盛り上がるからだそうです。^^;

3.本日は6月4日です。
^^;

などの諸注意を受け収録が始まりました。前座は吉本興業の若手芸人のSpan!の二人。
「本番の収録前なので硬くなっているかも知れませんが、皆さんリラックスして下さいね。でも僕らは今が本番なんです。それに、今日の仕事はこれだけですしね。」
と、これが一番面白かったかも♪

会場の雰囲気が温まり、あっさりと始まった快傑えみちゃんねるの収録。ゲストは、黒沢年雄さん、横峰さくらパパ、プロレスラーの佐々木健介さん、佐藤玉緒ちゃん、イケメン俳優?(誰か知らない)、京唄子さん、なすなかにしのお二人でした。

どんなゲストが出るかは収録が始まるまで教えて貰えないのでワクワクしながら待ってましたが、正直... ^^;でも、この番組では実名がばんばん飛び出し、放送ではピ~と入るものの叶姉妹岡田美里さんを訴えたのは記憶に新しいのでは。生の収録ではその実名をそのまま聞けたので楽しめました♪

佐藤玉緒って... と思っておりましたがテレビで見るのとは違い、可愛い!思ったよりクネクネしていない感じ。収録中、ずっと背もたれにもたれることなく姿勢よく座っていたのがやはりプロだと感心してしまいました。
後の方々はテレビのまんまで、名前も知らないイケメン俳優君ですが、彼は頭悪すぎてきっと成功しないでしょうね。^^;
f0097772_1115846.jpg
帰りに頂いたお土産、パン粉(三種類)、飴(三種類)、お米、和菓子。

快傑えみちゃんねるの収録が終わってから、ナンボDEなんぼの番組のADさんから“ナンボDE同窓会”というコーナーに出演して貰えませんか?と何度も言われたのですが、あのコーナーを見た人ならご存知でしょうが、過去の恥ずかしいことが暴露され、叩けば自分の埃でむせかえってしまいそうな私ゆえ、わざわざ公然と恥をさらすのは絶対無理!絶対に嫌!執拗に誘って下さるADさんに「もうかなりの年齢ゆえに同窓生は皆死んでしまった!」とまで答えた私でした。^^;やはり応募者が少ないのでしょうね。^^;

放送はまだまだ先の6月4日(月曜日)。もし番組を見られた方で実名を知りたい方は是非ご一方ください!喜んでお教えします。いえ、お教えしたいです!^^;
[PR]
by biao_meigui | 2007-04-23 11:17 | entertainment

ソウルに行ってきました♪- グルメ編 -

色々と食してきました~!

ソルロンタン
f0097772_1328323.jpgソルロンタンは牛の足の骨や臀部の肉、あばら骨、足の筋肉、牛舌、肺、脾臓、その他さまざまな肉を鍋に入れて煮立て、ダシをとったスープに味付けは塩だけで長ネギがトッピングされています。スプーンに乗せたご飯をスープに浸して食べたり、そのままご飯は入れてもOK。さっぱりとしていて朝ごはんにはピッタリです!

アワビの粥
f0097772_142214.jpgソロンタンと朝食の人気メニューの座を二分しているのがお粥。
中国産の鮑を使った鮑粥は10000ウォン(約1200円)、国産(韓国産)の鮑を使った鮑粥は12000ウォン(約1450円)、お店のおじさん曰く、国産(韓国産)の方が美味しいよ!と勧めてくれました。
でも、日本人にとってなんだか韓国産も中国産も同じように思えます。^^;薄味なのにコクがあり今まで食べた中で一番美味しいお粥です。その他にもゴマ粥、かぼちゃ粥、牡蠣粥・・・ 悩みます。^^;

スンドゥブ
f0097772_1423737.jpg本場でスンドゥブを食してきました!
純豆腐(スンドゥブ)と呼ばれる、固める前のやわらかいおぼろ豆腐のような豆腐がたっぷりと入ったチゲ。テーブルには生卵が置かれており好みに応じて好きなだけ入れてマイルドにします。
スンドゥブを頼めば必ず付いてくるのが、トルソッパブ(石の器のご飯)。運ばれてきたら、
①すぐに石の器から、下にひっついたおこげの部分だけを残して、表面のご飯を銀の器に移しかえます。
②石の器に、すばやく熱いお茶を注ぎます。食事が終わったころには、香ばしくおいしいヌルンジ(おこげ)のスープが出来上がっています♪

カルグクスマンドゥ
f0097772_14245791.jpgカルグクスとは、手打ちの麺を使った切り麺料理。“カルグクスの「カル」というのは包丁という意味、「グクス」というのは麺料理”という意味で、これは麺生地を包丁で切ってつくることからこのように名づけられたと言われている。麺は細めの平麺で韓国特有の重い銀のお箸ではツルツル滑り挟み難く、まるでお箸を使い始めの幼児のようになりながら食べました。^^;
それにしても麺の量がとにかく多く、カルグクスとマンドゥ(肉まんじゅう)を女性なら二人でシェアして食べる人も多いそうですが、私達は... 一人一人前ずつ食べました。^^;ちなみに、替え玉は無料だそう。(*^ー°v

カムジャタン
f0097772_1428193.jpg肉がついた豚の背骨と一緒に、じゃがいも、エゴマの葉、ネギ、ニンニクなどを入れて、ピリ辛のスープで煮た料理。じゃがいもが入っているから「カムジャタン」になったという説、使用する背骨が「カムジャ骨」と呼ばれる部位だから、という説、2つがあるそう。お箸ではさめないほど大きな骨についたお肉が、アツアツのジャガイモ、辛めのスープとよく似合う。カムジャタンのお肉も野菜も、きれいに食べ尽くしたら、シメとしてポックンパッ(チャーハン)にします。カムジャタンのスープと海苔、キムチで味付けし、そこにふんだんにトビコが入り、プチプチした食感がたまりません♪

カンジャンケジャン(カニの醤油漬け)
f0097772_1430108.jpgお店の人が手際よく蟹を裁いてくれ、甲羅の部分にご飯をのせ、卵、カニミソ、タレとご飯を混ぜて海苔をふりかけていただきます。これは中毒になる味でいくらでもご飯がすすみ困りました。別名“ごはん泥棒”と呼ばれているのだとか。^^;

キムチポックムパプ
f0097772_14314395.jpgこれは帰りの空港で食べたキムチ炒飯。
帰る寸前まで美味しい韓国に万歳!ヽ(´ー`)ノ





シッケ
f0097772_14325377.jpg買い物途中に入ったカフェで飲みました。お米から作られたほんのり甘い冷たい飲み物で、上にはお米が浮いています。冷温両方あるらしく、ほとんどの韓国人は冷たいシッケを飲むのだそうで私も冷たいのをオーダーしました♪


マック黒豆シェイク
f0097772_14344085.jpg出発前から韓国マクドナルドのHPでこのメニューを知り絶対このシェイクを飲むぞ!と張り切っておりましたが、どうやら明洞の街からマクドナルドが撤退している模様で、一軒も発見できず諦めて帰る仁川の空港でマクドナルドを発見!
麦と黒豆のシェイクの二種類があり黒豆をチョイス。甘さ控えめで香ばしく、ストローではなくスプーンで食べます♪日本マクドナルドもこれをメニューに取り入れたらヒット間違いなしです!!!


クリスピークリーム
f0097772_14372119.jpg日本(東京)ではまだ並ばないと絶対買えないというクリスピークリーム。
ソウルではいとも簡単に買えます。^^;とにかく甘い!でも、なぜか病みつきになり二日連続で通い、テイクアウトまでしてしまいました。ここは、アメリカ在住のぽ~さんがかなり前にご自身のブログで紹介されていましたように、出来立ての無料のドーナッツをくれたり太っ腹なドーナッツショップです。この無料でくれるドーナッツがフワフワして一番美味しかったかも。^^;ちなみに発音は、“クリスピクリム”。“ー”はどうした!ヽ(`Д´)ノ

明洞の街ではピザ屋さんも店の外で試食を配っており、もう少し滞在日数があると韓国料理だけでなく是非食べに行きたいくらいの美味しさでした。
とにかく美味しいものしかないのでは?の韓国。着替えの途中ふと鏡に映ったスパッツ一枚の私の姿は長州小力でした。^^;
[PR]
by biao_meigui | 2007-04-11 14:48 | 韓国

ソウルに行ってきました♪

急遽ソウルに行ってきました!

以前、ソウルに行ったのも今回と同じ春先でしたが、今回はとにかく黄砂の影響なのでしょうか花粉症と同じくらい、いやそれ以上にくしゃみ、鼻水に苦しめられました。(T.T)
しかし、急に決まった割にはゆったりの三泊四日でしたが。^^;

韓国の女性誌の付録の多さ見たさに本屋さんにも行ってきました。本よりも高いと思われる化粧品や傘、スニーカーまでが付録でした!なぜこんなにも付録がゴージャスかと言うと、韓国では雑誌の宣伝をしないのでその費用を付録に充てるのだそうです。主婦向けの雑誌では調味料やジップロックなどがついています。^^;購入意欲満々で行ったのですが、どれも家○画報くらいの分厚さ+付録なので重過ぎて断念しました。これではショッピングのついでに気軽に本も買えないですね。^^;

f0097772_15173215.jpg乾燥している土地ゆえ韓国のスキンケア商品は潤い重視でとても良いとの評判で、その中でもファンデーションやシャンプーはチープなものでもとてもいいという情報を得たので色々と調べた結果、韓国DOVEがいいと知りシャンプーとコンディショナーをゲットしてきました。何よりも面白いのは“DOVE”の発音。“ダヴ”ではなくて“ドブ”というらしく、ちょっと使う気が失せてしまいそうです。^^;が、潤いがずっと持続して乾燥と毛先の傷みが気になっていたのだけれど、しっとり感が継続していて韓国DOVE万歳

それでは、次回は食とコスメとエステなんかをご紹介します♪^^;
[PR]
by biao_meigui | 2007-04-09 15:21 | 韓国